「わからない」を「できる」に変える中学生英語塾

Eduhouse(エデュハウス)は、現役の中学校講師が教える、中学生のための少人数英語塾(学習塾)です。松戸市八柱駅徒歩3分、新松戸・東松戸・鎌ヶ谷からもお越しいただけます。

中学校3年間で学ぶ英文法を、じっくり、ゆっくり、楽しく学習できるので、英語が苦手な方でも安心して受講できます。

英文法を、話す・書く・考える活動を通して学習し、問題が解けるだけでなく、実際に使える英語の習得を目指します。以下のような方には特におすすめです。

  • 高校受験の勉強に出遅れたので、総復習をすぐスタートしたい
  • 授業進度が速すぎるので、前へ戻って立て直したい
  • 英語への苦手意識をなくして、楽しく勉強したい
  • 不登校などで、学校の授業が受けられていない

いつでも受講をスタートできます。初回授業は無料体験ができますので、お気軽にお試しください。

Eduhouse(エデュハウス)の特徴

少人数授業

relax(300_200)relax(300_200)

8名までの少人数授業なので、一人ひとりの生徒さまが、先生と一緒に、じっくり集中して学習に取り組むことができます。

話す・書く・考える

skills-3288238_1920(300_200)skills-3288238_1920(300_200)

話す・書く・考える活動を通して、問題が解けるだけでなく、実際に話せる・書ける英語を習得します。

楽しくリラックス

flexible(300)flexible(300)

映画のワンシーンや洋楽を使った楽しい活動、話しやすい雰囲気、居心地のよい教室など、リラックスして学べます。

コース

中学3年生コース

初級・中級クラスから選択可。初級クラスは、中学校3年間で学ぶ英文法を、10ヵ月程で効率的に総まとめ。基礎からしっかり学べます。中級クラスは、中学3年の文法項目を中心に学び、秋から入試対策をスタート。希望単元のみ(1コマのみ)の受講OK。

中学2年生コース

中学2年では、多数の英文法が登場するため、各項目を丁寧に学びます。話す・書く・考える活動を通し、実際に使えるよう理解を深めます。英語の苦手意識をなくし、クラス平均点を越えることが目標です。

中学1年生コース

初級・中級クラスから選択可。中学1年生の学習内容を中心に、何度も繰り返しながら、単語・発音・文法などをまんべんなく学べます。英語を楽しくスタートし、基盤を作りながら、得意科目にしていきましょう。

コース・料金の詳細はこちら

集団塾と個別指導塾の課題を解決する

※集団塾、個別指導塾は、共に大手塾を想定して比較しています。
※個別指導塾、Eduhouseの価格は月4回授業を受講した場合です。
※補講授業は、オンラインにて講師が1:1で指導します。詳細は、コース・料金をご覧ください。

生徒様の声

入塾したのは入試の4ヶ月前。英語にアレルギーを持っていて、藁をもすがる思いで通い始めました。Eduhouseでの授業はとても楽しく、丁寧で大変わかりやすいです。お陰で入試に真正面から挑めるまでになり、公立高校に合格できました。悠太先生に出会えて本当によかったです。
(船橋市・中学3年生女子)

中学英語のわからなかったところを、一から丁寧に教えてくれました。いつも、わかりやすく説明してくれて理解しやすかったです。教室の雰囲気も明るくいつも楽しく通える塾でした。
(常盤平中学校・3年生女子)

Eduhouse(エデュハウス)がすぐ分かる資料

スライドでEduhouse(エデュハウス)について簡単に確認できます。ぜひご覧ください。
PDF資料をダウンロードも可能です。

中学生に英語クイズ! AとB、どっちが正解?

中学英文法の基本の確認です。A、B,どちらが正しい文法でしょうか。答えだけでなく、理由も考えてみてくださいね!

答えと解説はこちら

講師(代表)

profile4

加藤悠太(Kato Yuta)

千葉県難関私立中学英語講師
大手英会話スクール シニアマネージャー等を経て現職
一橋大学大学院(MBA)
早稲田大学教育学部英語英文学科
TOEIC 975点 TOEFL 100点
2人娘の父

日中は私立の中学校で、夜は大学受験生に英語を教えています。教える経験を積むほど、中学校の学習範囲はこれから英語を使っていく学生にとって屋台骨となる必須の内容だと感じています。

一方で、英語に苦手意識を持ち始める中学生が多いことも事実でしょう。

英語は階段学習、わかるところまで戻ってやり直せば、できるようになります

英語に困った時に、気軽に来れる場所があったら誰かのお役に立てるかもしれない、そう思って、”中学生のための少人数英語塾 Eduhouse”をスタートしました。

塾というよりは、家(house)のような居心地のよい、教育(education)の場を作れたらと志して”Eduhouse(エデュハウス)”と名付けました。

 
PAGE TOP
MENU